7/2006-11/2007


2007年11月30日 秋便り
2007年9月22日 第六十回記念公演名古屋をどりを終えて
2007年8月13日 葉月便り
2007年6月17日 出来事いろいろ、水無月便り
2007年5月19日 いよいよ始まりました!『N O S S』・他
2007年3月12日 『おいでやす』・他
2007年3月8日 コスモス幼稚園・金沢
2007年2月13日 如月便り
2006年12月17日
2006年8月27日 舞台へむけて・・・
2006年7月27日 第59回名古屋をどりお稽古の様子


2007年11月30日(金) 秋便り
其の壱  9月30日(日)
名古屋市東区文化小劇場にて舞踊コンテスト2007が開催されました。
栄えある受賞者のみなさんです。

其の弐  10月6日(土)
長久手町文化の家にて愛知県こども芸術大学ワークショップが開催され、大勢の子供達に日本舞踊の舞台体験をしてもらいました。
写真に写る藤の花も出席者みんなでセットアップしてくれました。

其の参  10月17日(土)
来年4月から岐阜羽島市正木保育園では、授業に日本舞踊をとりいれていただきます。
先生達と懇親のひと時。

其の四  11月8日(木)
今年も国際ホテルにて雅の宴を開催させていただきました。
今年は邦楽に加え、ジャーパンファンさんジャンシャオチンさんに演奏して頂き、中国音楽にて日本舞踊をお楽しみ頂きました。

其の五  11月10日(土)
桑名市市民会館にてGrace in Motionを開催させて頂きました。
尺八のジョン海山ネプチューンさんジャズピアノのダニー・シュエッケンディックさんとのコラボレーション。
来年1月13日には長久手町文化の家にて再び公演があります。皆様ぜひお出かけ下さい。
 
其の六  11月17日(土)
金沢で講習会がありました。講習会の様子に加えて、レトロな町並みにぴったりな車に乗る西検番の若い芸子さんのお昼間の姿をご披露します!

其の七  11月23日(金)
東京講習会がありました。NOSSの講習を受講する門弟のみなさん

其の四  11月30日(金)
椙山(すぎやま)中学校と高校のクラブ発表会が愛知県厚生年金会館で開催されました。継続こそは力なり!部員14人中9人は椙山小学校からずーーーっとクラブ活動 を続けています。椙山学園のクラブ活動に日本舞踊が加わってから10年が経ちました。私の普及活動の原点はここからと言っても過言ではなく、我が母校において伝統になりつつあることに感動を禁じ得ません。今年は大和楽うぐいすを踊りました。皆学生ですが踊りに対する心意気は立派な舞踊家です。
若さ一杯のすばらしい舞台に私は大満足の一日でした。

ページのトップに戻る


2007年9月22日(土)
  第六十回記念公演名古屋をどり、無事に千秋楽を迎えました。
  たくさんのお客様にご来場いただき、出演者一同感無量、心より御礼申し上げます。
60年も続いた名古屋をどりを、一人でも多くの若い人に知っておいていただきたく、切に願いました。
  幸いな事に、星城中学校・高校の生徒さんと星城懇話会の皆さんで、9月11日昼の部2、3階席すべて貸し切りにて観覧いただきました。事前に解説をさせて頂く機会を先生方がおつくり頂いたので、8月に学校へ伺いました。良い機会なので大向こうの練習もして、観劇の当日、千雅の鏡獅子にみんなでかけ声をかけてもらう準備をしました。先生が何度も練習してくださったおかげで大成功!劇場全体から「か ず ま さ」と地響きのような大向こうで、舞台に立つ千雅も地方もびっくりしたそうです。しかしそのかけ声のおかげで気合いが入り、まさしく!かけ声の原点である声援となった訳です。
  私は今回の公演を務めながら毎日いろいろな事が走馬灯のように思い出され、多くの人の想い深い心を大切に受け止め、精進いたしたく願いました。


ページのトップに戻る


2007年8月13日(月)
其の壱 7月31日 
  7月31日は先代二世家元西川鯉三郎の命日、この日に私たちは西川流の物故者慰霊祭をいたします。
  名古屋市千種区にある日泰寺普門閣の奥には西川流の白菊稲荷があります。先人の門弟により大変立派なお稲荷さんを私たちに残していただきました。普段は扉を閉めてあるのですが、この日に必ずご開帳いただき参拝させていただきます。
  今年も西川流発展と名古屋をどりの成功を祈願するとともに、芸道精進を強く心に刻む一日でした。
其の弐 8月2日
  東京でのはじめてのディナーショウ、雅の宴が開催されました。
  心配していた台風の影響もなくお天気に恵まれ、たくさんのお客様にお出かけいただきました。
  はじめての雅の宴、古典だけではなく今回は中国の音楽でも踊りました。こちらはジャーパンファンさんとジャンシャオチンさんにお願い致しました。久しぶりにお二人の演奏で踊りましたが、本当に素敵な地方さんで、お客様からも中国の音楽と日本舞踊は良く合いますね、とお言葉をいただきました。
  この日はN O S S の選定曲を歌ってくださっている花世ちゃんもご家族で応援に来てくれました。お父様の瀬戸龍介さんには名古屋をどりのはしりがねの女を作曲していただいています。
其の参 8月10日
7月から名古屋をどりのお稽古が始まりました。
  8月6日から特別出演の市川笑三郎さんが加わり、新作と今年の私の演目『はしりがねの女』のお稽古に取り組んでいます。再演の作品に携わらせていただくのは、意欲が湧くと共に荷の重い事ですが、幸いなことに、以前『恋の呂昇』で共演いただいた市川笑三郎さんにお相手をしていただけることになり心強く思います。
  この作品はせつない物語に市原悦子さんの語りと瀬戸龍介さんの音楽が絶妙で胸にしみます。そして笑三郎ファンには必見!ほかでは観れないお役です。絶対に見逃せませんよ!
 

ページのトップに戻る


2007年6月17日(日)
出来事、其の壱  
  6月7日大阪帝国ホテル雅の宴が開催されました。
二年目の大阪にての雅の宴、大勢のお客さまにお出かけ頂きました。西川ヘレンさんがお祝いに駆け付けてくださいました、和服姿がとてもお似合いでお綺麗!会場からも歓声があがりました。

出来事、其の弐
  6月10日名古屋国際学園の卒業式がありました。
息子のカークが卒業いたしました。カークとクラスメート皆のうれしそうな笑顔に胸がいっぱい、感動しました。日本の卒業式と趣がちがい、生徒中心にセレモニーが行われます。ゲストスピーチをジョン・ギャスライトさんがしてくださり、心のこもった最高のスピーチでした。

出来事、其の参
  6月15日名古屋をどり記者発表がありました。
すでに今後の予定に紹介のチラシでお知らせいたしましたが、今年は市川笑三郎さんを特別出演にお迎えいたします。今回「はしりがねの女」を再演にあたりお相手役をして頂く事になりました。今月からお稽古に入り8月に練り上げて行きます。二度目の共演でもあり気心もお互いわかり意欲いっぱい!

出来事、其の四 
  6月17日愛知県長久手にてN O S S が始まりました。
5月より始まったN O S Sが長久手町福祉の家でも始まり、毎週日曜日2時から3時と3時から4時の2クラスで行います。長久手にお住まいの方、是非お出かけ下さい。

ページのトップに戻る


2007年5月19日(土)
いよいよ始まりました!『N O S S』 5月7日から長崎県の壱岐の島からスタートいたしました。7日、8日の2日間で壱岐の島の4つの町。10日福岡と三重県桑名市。お集りいただいた皆さんたいへん熱心で感想を伺うと 「たのしい!」 日本舞踊の経験の無い方でも問題なくできました。やはり日本人には日本舞踊の動きが自然にできてしまうのですね!そして皆さんのお気に召したのは音楽でした。作曲のジャーパンファンさん、編曲の京田誠一さん、三味線の杵屋弥四郎さん、澄んだ歌声の花世ちゃん、そして作詞は家元。みんなで心を込めて録音をしている処に立ち合っていましたので、とても嬉しく感じます。
初めて伺いました壱岐の島は、美しく食べ物がおいしい!!お世話いただいている平山旅館のお女将さんは、パワフルで何事にも一生懸命で気持ちの暖かい魅力一杯な方でした。私達が到着してお昼をいただいていますとお客さまが「前に泊まって気に入りました」と予約にみえていました、私は納得。2日間平山旅館で過ごしましたが本当に居心地がよくリピータしたくなりました。


5月12日星城高校の新校舎完成のお祝いに祝舞を努めさせていただきました。
おしゃれな新校舎のエントランスで連獅子を西川ももよと西川寿恵博の二人で踊らせていただきました。

ページのトップに戻る


2007年3月12日(月)
大阪北新地の芸子による『おいでやす』が3月10日・11日の二日間、料亭吉兆にて開催されました。今年で14年目となります。お座敷にぴったりマッチする芸子の姿、日本の伝統を満喫させてくれます。敷居の高く感じられる料亭ですが日本料理を味わう楽しみだけでなく、器やお部屋の設えからも日本の季節を伺えるすばらしい空間です。

愛知県東郷町で10月から3月まで子供教室を開催させていただいております。
小学校1年から6年までの15人が参加し、日本舞踊と琴を体験します。3月31日には練習の成果を発表します。


ページのトップに戻る



2007年3月8日(木)
三重県桑名市のコスモス幼稚園で毎週木曜二時間年長さんに日本舞踊とお作法を教えています。2月25日生活発表会で34人の園児さん達が舞台にあがりました。男の子がさらしをふると拍手喝采!女の子が花道から登場すると客席から歓声が!舞台のソデで見守る担任の先生の姿、胸の熱くなる想いです。私と一緒に一年間指導をしてくれた西川流の門弟4人は子供の晴れ姿に涙ぐんでいました。3月に卒園、4月から皆小学生。かわいい子供達が幸せな人生を送ってくれることを心より祈ります。

そして・・金沢へ再び行ってきました。西の検番に踊りの大好きな若い芸子さん達。毎日お座敷がかかり毎日踊っているそうです。ご贔屓にしてくださるお客様のお陰でお稽古にも熱が入ります。そんな理由で朝10時から3時までお昼のお食事30分休憩のみ、あとは踊り通しの2日間。やる気一杯の皆さんで楽しいお稽古でした。


ページのトップに戻る


2007年2月13日(火)
毎年2月は名古屋で西川流の講習会が行われます。来年から師範試験の演目が改正されるので今回は今まで以上に充実した講習会となりました。講習時間も連日5時間に及び、踊りっぱなし。とても良い運動になり体重も2kgダウン。日本舞踊は見かけとちがい運動量の多いものです。
父、右近家元が3年ほど前から研究している健康の為の日本舞踊「N O S S」にほんおどりスポーツサイエンス。このプロジェクトが始まりました。この舞踊の音楽の作曲演奏を、私の友人で以前からたびたび共演しているジャーパンファンさんが担当してくれていますのも、私の喜びの一つです。この春ごろから全国各地で、中国の二胡の音色とともに、日本舞踊を皆様と踊り、筋力トレーニング!

ページのトップに戻る


2006年12月17日(日)
12月、街にはクリスマスのイルミネーションが華やかにひろがります。今年も残すところわずかとなりました。
先日、講習会のために金沢へ行ってきました。私は初めての金沢です。金沢は先代家元鯉三郎の時代よりご門弟がありました。父より色々と昔話を聞くことができ、歴史にふれる良い機会でした。金沢では、一般の方に踊りの指導をする師匠のほかに、西検番の芸妓が西川流として活躍しています。金沢は街中で伝統と文化を盛りたてている様子で羨ましい限りです。
三日間の滞在での夕食は、日本料理をいただきました。蟹の解禁後でしたので、初めて香箱という蟹をいただきました。すばらしの一言。お味はもちろんですがこしらえ方に感動です。三日間の食事は私にとってとても勉強になる時間でも有りました。器、料理の間、女将さんの会話の内容、金沢の料理人は休みの時間を食べ歩き勉強をするそうです。踊りの勉強も色々なものを見聞きすることが必要と思います。
クリスマスはアメリカの家族と過ごします。その前に少しだけラスベガスに立ち寄り、エンターテーメントとファッション、ショッピングに学びの時を費やしてみます。

ページのトップに戻る


2006年8月27日(日)
8月19日、20日とバレエコンペション21の審査員を致しました。バレエも日本舞踊も共通するところがあり刺激になります。今年の名古屋をどりは枕獅子に12人の子供達が舞台を務めます。夏休みの中お稽古に打ち込む子供の真剣なまなざしは心にすがすがしく伝わり暑さも忘れます。
舞台にむけて一生懸命取り組んでいます。

ページのトップに戻る



2006年7月27日(木)
只今は名古屋をどりのお稽古真っ盛り!
今年の新作歌舞劇『オルフェの詩』のお稽古が24日月曜日から始まりました。今日は作家の有吉玉青さんも東京よりいらしてくださいました。ゲストの瀬戸内美八さんは宝塚時代の男役トップスターさんの面影がよみがえった感じでカッコ良く、毎日ワクワクしながらのたのしいお稽古です。
『鬼火』は、私が10才の時に小猿の役をさせていただいた作品。思い出深い演目の再演に感無量の思いで一杯!
皆様、是非、劇場へお出かけ下さいませ!

ページのトップに戻る